第318回数学検定の結果

2018/04/05 ブログ
ロゴ

当塾では、学年の仕上げとして、毎年3月に数学検定を団体受検しています。
3月3日に実施した第318回数学検定の結果が昨日届きました。
今回は試験日が学年末テスト期間と重なったため、残念ながら高校生の受検者はいませんでしたが、それぞれが自分の力を発揮して挑んでくれました。

【塾生の結果】
準2級…合格2名
3級…合格2名
4級…1次検定のみ合格1名

5級…合格2名
6級…合格1名
7級…合格1名
8級…合格1名
9級…合格1名

 

合格した生徒はみんな合格基準点を大きく上回る高得点でした。満点合格の生徒も1名。みんな頑張りました。

2次検定不合格だった生徒も、あと1点取れていたら合格でした。防げたミスがきっとあったはずです。本人は相当悔しい思いをしていると思いますが、この機会にミスの怖さや見直すことの大切さを学んでくれることでしょう。

 

 

試験の結果は、試験までにどれだけの準備をしてきたか、それでほとんど決まるものです。準備が不十分だったり、これでもう大丈夫だという判断が甘かったりしたら、結果もそれなりに終わってしまいます。

高得点を狙うなら、ノーミスを目指してしっかり仕上げる。そのためには、ミスをしやすいところを自覚し「絶対にできる」という自信がつくまで徹底的にくり返し練習して苦手を克服するしかありません。
「できたつもり」から「絶対にできる」まで仕上げることがそんなに簡単な作業ではないということは、実際にやったことのある人なら知っているでしょう。

でも、そこであきらめないで粘り強く頑張ることができれば、そんなに苦労せずに効率よく点数を上げる勉強方法が、きっと見つかります。

 

 

当塾では、あれをしなさい、これをしなさい、といった強制は一切しませんし、宿題や課題はほとんど出しません。

指示しているのは、理解度の確認のために毎週実施している演習テストで、満点を取るための準備をしっかりすること、それだけです。

どういう準備をして試験に望めばよい結果が得られるのかについても、経験して学んでもらうために、すべて生徒の自主性に任せています。

 

 

どんなに準備をしたつもりでも、テスト本番で普段は考えられないようなミスをしてしまったり、テスト中にはできなかった問題も後で解いてみれば簡単にできたり…そんな経験から学ぶべきことはとても多いです。そうした経験を積み重ねて、自分だけの勉強の方法を確立させてほしいと思います。高い目標を持ち、甘えを捨てて努力していれば、効率のよい勉強方法がどんどん見つかることでしょう。

 

 

さて、もうすぐ春休みも終わり、いよいよ新学年のスタートです。さらに充実した1年となるように頑張っていきましょう。

 

 

 

アルカディア数学教室
大阪府大阪市城東区中央2-6-16
電話番号 06-6167-5789
営業時間 16:00~21:00